株式会社シード

リスティング広告運用の重要ポイント!

キーワード選定

リスティングを実施する際に、自分で想像できるキーワード以外にも見込のキーワードは、多く存在します。その中で、採算の合うキーワードを見つけていくことが重要なポイントとなります。
キーワードを選定する際は、想定されるベースキーワードを選定し、選定したキーワードの関連ワードをなるべく多くピックアップします。その後、明らかに対象とならないキーワードを削除した後に、複合キーワードを作成していきます。非常に煩雑な作業ではありますが、このフローをしっかりと行う事が重要になります。

SEO対策やアフィリエイト広告以外の手法でも集客を増やしたい

想定されるベースとなるベースキーワードを選定

例:酵素ドリンク、ダイエット、美容、健康 その他・・・

それぞれのキーワードの関連キーワードを抽出

例:「ダイエット」の関連キーワード

一部抜粋
関連キーワードから成果に結びつきにくそうなキーワードを除外

例:上記2のワードの場合
ダイエット 無料,ダイエットグッズ ランキング,ems ダイエット 等
※除外するキーワードは、予算や目的、戦略によって、変わってきます。

複合キーワードを作成

2.で抽出したキーワードの複合ワードを掛け合わせた複合キーワードを作成します。 掛け合わせワード例) 通販 人気 ファスティング 等

キーワードのマッチタイプ

リスティング広告には、キーワードのマッチタイプがあるため、各マッチタイプを有効活用する事により、費用対効果を高める事が可能になります。
キーワードのマッチタイプには全部で4種類あります。

キーワードのマッチタイプ

キャンペーン設定、グループ設定、広告文章作成

キャンペーンは、予算を分けたいものを別々にします。広告グループは、キーワードと広告文章の連動性に関わり、クリック単価や掲載順位に影響する為、なるべく小さい単位に分け、多くのグループを作成するように心がけます。

ポイント
  • キャンペーンは、予算管理を個別に行いたい単位で複数設定
  • 広告グループは、広告品質に関わり、クリック単価や掲載順位に関わるため、なるべく細かく設定。 キーワードを同じ広告文章でも問題が無いなるべく小さい単位で分類し、各キーワードが 広告グループに入るレベルまで、グループを細分化
  • 広告文章は、1グループに付き5~10程作成。基本的には、コンバージョン率重視での配信比率で 配信。広告やLPのABテストを実施したい場合は、均等に配信したのち、効果測定を行う広告文章のタイトルになるべく検索キーワードが 入るように設定。
  • 広告文章のタイトルになるべく検索キーワードが 入るように設定。
  • キーワード挿入機能を利用
  • 広告表示オプションを利用(電話番号表示、 サイトリンク表示、住所表示)
  • 季節要因、イベントに合わせた広告展開を実施
きめ細かい設定をしっかり行い、リスティング広告で
WEBプロモーションを成功に導きましょう!
お問い合わせ

広告代理店業メニュー

Pマーク

電話で問い合わせる>>
03-5216-2055