株式会社シード

純広告

純広告とは、特定のメディア(媒体)に一定の定められた期間や、広告表示回数に対し、料金を支払い掲載を行う広告となります。(リスティング広告やDSP広告等のクリック課金型の広告や、アフィリエイト広告等の成果報酬広告等と対比して純広告と呼ばれる事もあります。)
基本的には、特定のメディアが提供する特定の枠に、固定・あるいはローテーションで表示される広告になります。 最近では、Yahoo!JAPAN等の大手ポータルサイトにも、リスティング広告、DSP広告にて、広告の出稿に可能になってきており、以前よりも重要度が薄れてきています。とはいえ、Yahoo!JAPANのトップページのジャック広告等、大規模な予算での純広告のニーズは、依然として大きく、目的と予算に応じて、リスティング広告、DSP広告での配信と純広告での広告出稿のバランスを取っていく必要があります。

純広告の種類

マイページジャック広告、リッチ広告
マイページジャック広告、リッチ広告
Yahoo!JAPAN等トップインパクト枠等、大手サイトのトップページに大々的に広告を掲載する手法。
バナー広告
バナー広告
既定の画像サイズに合わせた画像広告を掲載する、最もオーソドックスな掲載方法
記事・タイアップ広告
記事・タイアップ広告
特定のメディアに、該当サービスの記事を書いてもらう手法。 美容・健康系は特に多く、雑誌等もこの手法
テキスト広告
テキスト広告
既定の文字数内にて、任意の文章を作成し表示する手法。
動画広告
動画広告
動画コンテンツを視聴するメディアが、従来のテレビからインターネットへと移り変わってきている事から大きな成長が見込める広告手法です。

広告素材・遷移先のLP(ランディングページ)を含めた効果検証が必須!

純広告は、クリックベースでの課金や、商品購入の時点での課金ではなく、あくまである一定の期間の掲載による課金になりますので、広告出稿企業への誘導数や、売上等に関係なく費用が発生します。
その為、広告素材やリンク先のランディングページのクリエイティブには、相当の注意を払う必要があります。
リスティング広告や、DSP広告で効果の高い広告素材を検証した後に実施する事により、想定以下のクリック率やコンバージョン率になることを避ける事が推奨されます。
費用が確実に固定で発生する分、最適化は必須業務となります。
遷移の基となる、バナー等の広告素材は勿論、遷移先となるLP(ランディングページ)のABテスト効果計測 及び最適化は、必須となります。
LP(ランディングページ)におけるA/Bテスト、ランディングページ最適化(LPO)は、 以下のページで詳しく説明していますので、ご参照ください。

ランディングページ最適化(LPO)とA/Bテスト

また一口に純広告といっても、上記に挙げた掲載方法以外に、掲載先のメディア選定も重要な要素。
重視すべきは、その広告を出す事によってどういった効果を得たいかというKPI(広告指標)となります。
その各目的にあわせ、他広告との複合的な展開を行う事で、より効果的な広告運営が可能となります。

シードは、広告プランニング・運用から広告素材の
制作最適化までワンストップで貴社を一貫した
マーケティング視点で、相乗効果を最大限に高めます。
お問い合わせ

広告代理店業メニュー

Pマーク

電話で問い合わせる>>
03-5216-2055