株式会社シード

レスポンシブデザイン

スマートフォンのデザインの重要性

昨今、スマートフォンの利用者数が激増し、ネット通販をする際もスマートフォンから購入するケースも増えてきました。また、様々なサービスの見積りや資料請求、問い合わせをスマートフォンから行うケースも増えてきています。
そのような背景にも関わらず、パソコンからの見えるデザインにしか力を入れていないホームページが非常に多いのが現状です。

スマートフォンからのデザインを考慮する事は、ホームページへの集客後の問い合わせ率等コンバージョン率に大きく影響を与える事から、売り上げを考えてホームページを作成する場合は、スマートフォンからのデザインをしっかり考えて作成する事が必要になります。

レスポンシブWEBデザインとは

レスポンシブWEBデザインとは、パソコンやスマートフォン、タブレット等のデバイス毎にホームページを別々に用意するのではなく、デバイスの横幅を自動的に判別し、ホームページのデザインを自動的に調整するホームページのデザインです。

昨今、ホームページを作成する際のスタイルシートというものが進化したことにより、このような自動的に横幅を調整するデザイン設計が可能となりました。

レスポンシブWEBデザインでの見え方

レスポンシブWEBデザインのメリット

スマートフォンからの問い合わせ、売上の増加
スマートフォンの利用者数が激増し、業種によっては、スマホからのアクセスがパソコンからのアクセスよりも多いケースも出てきました。そのような中、スマホ経由でホームページにアクセスしてきた見込み客が、ホームページを見やすいデザインにする事は、ダイレクトに資料請求、見積もり請求、問い合わせ、購入の増加につながります。

パソコンサイズのホームページをスマホで閲覧する際、ピンチイン、ピンチアウトという指で画面を広げる操作をする必要があり、ユーザー(見込み客)がサービス詳細ぺージや、時合わせページにたどり着く前に離脱してしまうケースが多く発生します。

レスポンシブWEBデザインで制作されたホームページの場合、パソコンで閲覧してもスマホで閲覧しても、自動的にデザインがを変更され、読みやすい文字の大きさや画像の大きさに調整されます。よって、目的のページを多くの見込み客に見てもらえるようになり、資料請求、見積もり請求、問い合わせ、購入が増え、売り上げ拡大に結び付きます。
ホームページ制作費用が少なくなります。
従来は、パソコン、スマートフォン、タブレットからのユーザー(見込み客)全てに最適化したホームページで対応しようとすると、それぞれ、別のデザインを作成して用意する必要がありました。そのため、制作費用が、大幅にアップしてしまうケースが増えていました。

レスポンシブWEBデザインを活用して、ホームページ制作をした場合、パソコン用、スマートフォン用、タブレット用等、複数のホームページを制作する必要が無く、一つのホームページで全てのデバイスに最適化が可能なため、制作費用を大幅に抑える事が、可能となりました。
レスポンシブデザインのホームページ
運用のための費用が少なくなります。
パソコン用、スマートフォン用、タブレット用など複数のホームページを制作した場合、制作費用だけでなく、その後の更新作業が別々に発生します。
よって、更新作業を行う際に、費用が多くかかりましたが、レスポンシブWEBデザインで制作されたホームページの場合は1サイト更新するだけですので、運用にかかる時間もコストも削る事が可能になりました。
ホームページのアドレス(URL)を分ける必要がない
◎パソコンサイト : http://seedinc.jp/
◎スマホサイト : http://sp.seedinc.jp/

上記のように、パソコンサイトと、スマートフォンサイトを別々のURLで作成しているケースがありますが、レスポンシブWEBデザインで制作されたホームページの場合は、1つのURLに統一する事が可能ですので、URLの管理や、Facebook等のPCでもスマホでも閲覧が多いソーシャルメディアにURL掲載をする時にもリダイレクト処理等が不要になり、手間がかかりません。
SEOにも強いレスポンシブWEBデザイン
Googleが公式に推奨するレスポンシブWEBデザイン

レスポンシブWEBデザインで制作されたホームページは、Google等の検索エンジン対策であるSEOにも効果的です。
PC用、スマートフォン用などコンテンツは変わらずに、複数のホームページを畝いしている場合、せっかく外部からの被リンクもリンク先が分散してしまい、効果も分散する事になります。レスポンシブWEBデザインで制作されたホームページは、パソコンでもスマートフォンでもホームページのURLが同一になりますで、被リンクが分散することがなく、SEO効果を最大限に生かす事が可能です。

PC、スマホサイトを分けた方が有利なケースも

レスポンシブWEBデザインには、多くのメリットが存在しますが、全ての場合にレスポンシブWEBデザインが最適という訳ではありません。

レスポンシブWEBデザインにより、スマートフォン用にデザインを調整して表示させた場合でも、画像などのページ全体のデータ容量はパソコン表示の際と同様の為、スマートフォン専用に制作されたホームページよりも、ページの表示に時間がかかるようなケースも想定されます。

また、複雑な動きを実装しているホームページや、ゲーム等のコンテンツを実装したホームページの場合、レスポンシブWEBデザインにるすと、操作に不都合が生じる場合もございます。

レスポンシブWEBデザインが向いているケース

  • スマートフォン最適化を行いたいが、予算が少ない場合
  • PCサイトとスマホサイトを制作したいが、制作時間を短縮したい場合
  • ホームページの運用に費用と時間をかけたくない場合
  • 通常レベルのホームページで、特別に複雑な動きをスマホサイトに必要としない場合。
  • SEO対策を強化したい場合
お問い合わせ

制作事業メニュー

Pマーク

電話で問い合わせる>>
03-5216-2055