株式会社シード

ECサイト構築の流れ

頻繁に構築・リニューアルなんてしないECサイト。いざ自社のECサイトをという時に
どうしたら失敗しないのか、そもそもどんな流れなのか?
と不安な方の為にこのページでは実際のECサイト構築の流れをご案内します。

いざ自社のECサイトをリニューアル、となった際にどんな手順で進めればいいのかわからない・・・という方は多いのではないでしょうか。実際によくある失敗の中に「思ってたデザインと違う・・・」「あの機能つけたかったのに付加されてない!」「構築前にどんなものができるかよくわからず、納得いくものができなかった・・・」といったことがあります。このような問題や失敗につながる前に、ECサイト構築の流れを把握しておきましょう。そのために大きく流れを4つに分けてご説明します。シードでのECサイト構築のご検討材料の1 つにしてお役立ててください。

シードでのECサイト構築の流れ

1.ECサイトのコンセプトを決める、要件定義。

お客様のECサイト構築・リニューアルにあたり、現在抱えている問題・課題、どんな機能が欲しいのか?これから作り上げていくECサイトは「どのような人に・どのようなものを・どのような流れで・最終的に何をコミュニケーションするのか」等を明確にしておきましょう。コンセプトをしっかり明確にすることでその先のデザインや機能の定義等を特定していくのに大きく影響してきます。
明確化した内容を元にシードのスタッフがヒアリングして、「問題を解決し、業務を効率化する機能」「なるべく費用を抑えるサイト構成」「希望の機能がどの程度のコストで実現が可能なのか」・・・等のECサイト構築・リニューアルにあたってのご提案、お見積をさせて頂きます。

ECサイトの要件定義、コンセプト決めのためのお打ち合わせ

2.要件を元にECサイト全体を設計

決定した要件を基にECサイトの全体の設計

デザインやECサイト構築の実作業が発生する制作工程の前に、全体の設計を行っていきます。念入りに打合せを行い、認識のずれがないように仕様を決めていきます。実際にサイトとして使用したときの使い勝手・完成したときの最終イメージをこの段階で明確にしておきます。
ECサイト構築にとらわれず、どんな制作物も最終の完成形を作成前に決めなければうまく完成させることはとても難しいです。

3.ECサイト構築、デザイン作成

前工程で作成した設計書を元に、ユーザーが分かりやすい・商品の魅力が伝わるデザインを作成していきます。
全体のレイアウト(骨組み)を決めた後に、見た目のデザインを作成し、デザインのOK がお客様から出ましたらECサイトに組み込む作業(コーディング)を開始します。そしてシステム構築も設計書に合わせて機能等を構築・実装していきます。弊社シードのECサイト構築のスタッフはECサイト構築やデザイン制作の実績が多数あり、特にECcube に関しては今までの経験を元に、よりコンバージョンにつながるレイアウト・デザインの見せ方・UI設計等々を高い事由度でお客様の希望に合わせたECサイト構築を行います。

設計図を基にユーザビリティの高いデザインの作成・サイトの構築

4.動作テスト、ECサイト納品

完成したECサイトは入念に動作テスト、機能の確認を行います。公開直後にサイトがうまく動作しなかった・サイトの一部分のデザインが崩れている・・・等の事が起こらないようシードではスタッフたちが丁寧にお客様の大切なECサイトを隅々までチェックしていきます。
納品後の保守サポートサービスもシードではご用意しており、構築したサイトの運用方法・機能の追加・電話でのサポート対応等、構築したはいいけど何か問題や要望が出た際にすぐに対応できるような体制にしておくこともECサイトを安全・安心に運営していく事に必要不可欠になるので、サポートサービスの導入も是非合わせてシードでECサイトを構築した際はご検討ください。

完成したECサイトの動作テスト・確認作業を綿密に行い、納品致します

ECサイト構築においてはデザイン制作、システム構築などの実作業ももちろん大切ですが、
最初のコンセプト決め・企画の段階や、
その企画を元に設計をしっかり行うことが何より重要な工程になります。

シードはECサイト構築の実績を多く持ち、
その経験を元にしっかりとしたヒアリング・打合せを必ずお客様と行います。

このコミュニケーションがECサイト構築を失敗させないためには何よりも大切になるのです。 ECサイト構築で悩んでいる方は是非一度お気軽にシードまでご相談ください。

お問い合わせ

制作事業メニュー

Pマーク

電話で問い合わせる>>
03-5216-2055