株式会社シード

LPOとA/Bテスト

ランディングページの最適化(LPO)

リスティング広告等のインターネット広告を出稿し、質の高いユーザーからの集客が集められても、ランディングページに問題がある場合、ユーザーはそのまま離脱してしまいます。
ランディングページ最適化(LPO)は、あらゆるインターネット広告において、必要不可欠となっています。

インターネット広告とLPOは切り離して考えることが出来ない関係です。 広告によっていかに効率的に集客したとしても、ランディングページの内容が分かり難く、商品やサービスの良さが伝わらなければ、商品購入や資料請求、問い合わせには繋がらずにせっかく集客したユーザーは、ページから離れてしまいます。

ランディングページの改善は、コンバージョンアップに大きなインパクトがあります。

広告予算100万円の場合

A/Bテスト(スプリット・ラン・テスト)

A/Bテストとは、スプリット・ラン・テストとも呼ばれます。複数のLP(ランディングページ)を用意した上で、成果を比較するテスト手法の事です。写真やイラスト、キャッチコピー、レイアウトの変更など、複数の組み合わせをを少しずつテストし、より効果の高いものや組み合わせを選び出すことで、LPを改善し、集客後のコンバージョ率を大幅に改善する事が可能になります。

ABテストパターン

各要素において、もっとも成果の良かったパターンを組み合わせる事により、効果の高いLPを作成する事が可能です。
※ただし、組み合わせによっては、相性が悪く最大限の結果にならない場合もあり、常に検証が必要になります。

ファーストビューによるA/Bテスト

ランディングページの全ての箇所を修正していくと時間も費用も大きくなるため、ユーザーの購入の意思決定に一番インパクトの大きいファーストビューだけを複数パターン用意してスプリット・ラン・テストを行う事も効果的です。

ファーストビューのイメージ写真を変更し、A/Bテストを行っています。

ファーストビュー

リスティング広告におけるA/Bテスト 計測方法

リスティング広告において、リンク先(LP)が異なる同様の広告を複数用意し、均等配信する事により、LPの効果測定が可能になります。

効果テスト

LP(ランディングページ)制作 改善例

シードでは、LP(ランディングページ)のコンバージョンアップという目標を追求しながら、ウェブサイト制作 、LP(ランディングページ)制作、LPOを実施します。

改善例

シードの広告プランニング、LP制作では
ランディングページ最適化(LPO)をしっかりと行い
インターネット広告の効果を最大化します。

お問い合わせ

制作事業メニュー

Pマーク

電話で問い合わせる>>
03-5216-2055