【広告主必見】おすすめのアフィリエイトASP28選を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

公開日:2021.03.01 / 最終更新日:2022.11.08


アフィリエイトサービス(ASP)には多くの種類が存在します。

マーケティング担当者の中には「どのASPを使えばいいか分からない」「ASPごとの違いが分からない」と迷う方も多いのではないでしょうか。
この記事では、おすすめのアフィリエイトASPを紹介します。

絶対に押さえたいASP 10選

ASP

まずはアフィリエイト広告を運用するなら絶対に押さえておきたい主要なASPを10つ取り上げます。

どちらも非常に有力なASPであり、弊社でも複数のアカウントを実際に運用しています。

1.A8.net(エーハチネット)

A8.net(エーハチネット)

株式会社ファンコミュニケーションズが運営する「A8.net(エーハチネット)」は、国内最大規模のASPの1つです。
累計の広告主数は22,000社を突破し、登録するサイト数は300万サイトにものぼります。

アフィリエイト広告を実施するなら、必ず候補に上がるASPといえます。

A8.netの特徴はなんといっても登録するアフィリエイターの数の多さです。

アフィリエイターが多いということは、それだけアフィリエイト広告の掲載先が多いことになりますので、そのネットワークは非常に強力です。

さらに、アフィリエイター側の管理画面では、どのページから成果が出ているのかを確認できる「リファラー機能」があることで、広告が掲載される記事の質が高くなりやすい点も見逃せません。ただし、3ヶ月の確定報酬金額が500円以上のアフィリエイターに限定されます。

A8.netは幅広いジャンルの商材に強い万能型のASPのため、多くの企業が登録しているといえます。

掲載費用としては、成果報酬手数料の他に初期費用と月額費用がかかります。

固定費用がかかってしまうことが大きなデメリットですが、その費用を支払ってもお釣りがくるパワーを秘めたASPであるといえます。

初期費用 50,000円(税抜)

に対し、月額費用は下記のように更新費用が契約月数で異なります。

6ヶ月契約  月額費用 40,000円(税抜)
12ヶ月契約  月額費用 37,000円(税抜)
18ヶ月契約  月額費用 33,000円(税抜)

 

 

2.Value Commerce(バリューコマース)

Value Commerce(バリューコマース)

バリューコマース株式会社が運営する「Value Commerce(バリューコマース)」は、日本で初めてアフィリエイトASPサービスを開始した会社です。
バリューコマースの特徴の一つは「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などの大規模なECサイトの広告主が多い点です。
特に、Yahoo!の関連企業であるバリューコマースは、Yahoo!の独占案件が複数存在します。

そのため、他のASPには登録のないアフィリエイター(アフィリエイトメディア)が登録している可能性があります。

また、バリューコマースでしか出稿のできないYahoo!グループ関連のアフィリエイト広告枠に出稿できる可能性もあります。

その他、広告主への直リンクをアフィリエイトリンクに自動変換できるLinkSwitch(リンクスイッチ)機能や、平均承認率・EPC※が見れる機能は、アフィリエイターにとって非常に便利な機能です。

※Earn Per Clickの略。広告1クリックあたりの収益(稼げる金額)を意味する。

また、「合計報酬額は1,000円を超えた時点で振り込まれる」や「承認率を会員全員に表示する」など、アフィリエイターのモチベーションアップにつながる機能が多く存在します。

大手ECサイト以外にも、旅行系の広告等は、バリューコマースが圧倒的に強いジャンルです。

掲載費用は、成果報酬手数料の他に、初期費用と月額費用がかかりますので、費用対効果の見極めが大切です。

初期費用 ベーシックプラン:50,000円(税抜)
ライトプラン:なし
月額費用 ベーシックプラン:50,000円(税抜)
ライトプラン:35,000円(税抜)

 

 

3.もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト

株式会社もしもが運営する「もしもアフィリエイト」の特徴は初期費用・月額費用が無料であるにも関わらず、管理画面からメディアへ直接アプローチができる機能が揃っている点です。

メディア登録数は70万超と規模は少し小さいですが、インスタグラマーやYouTuberの登録数は8,000人超と増加しており、SEOメディアだけではないアプローチが可能なのも魅力の1つです。

また提携中のメディアへは月10回まで無償でのメルマガ配信が可能なので、メディアとのリレーションを構築しやすいです。

もしもアフィリエイトは日本アフィリエイト協議会の理事も務めており、業界の健全化にも注力しているので、リスクを最小限に抑えてアフィリエイト広告を実施したい広告主におすすめです。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

4.ACCESSTRADE(アクセストレード)

ACCESSTRADE(アクセストレード)

株式会社インタースペースが運営する「ACCESSTRADE(アクセストレード)」は、2001年にサービスをリリースし、2001年から20年以上の実績を持つASPです。

累計の広告数は2,6000件以上、登録するサイトは76万サイトを超えます。

アクセストレードの特徴は、一部の業界に非常に強いアフィリエイターネットワークを抱えつつも、全体のネットワーク規模がある程度大きい点です。例えば、ファッションやゲームは、アクセストレードが得意なジャンルの1一つです。

また「ATステージ」と呼ばれるランクアップの制度がある点も特徴です。
ATステージは成果報酬額によって決められており、ATステージが上がると報酬額アップや提携オファーを受けられるなど、アフィリエイターにとって嬉しい特典が与えられます。

さらにアフィリエイト大学といってアフィリエイター初心者がノウハウを学べるサービスを運営するなど、アフィリエイターの質を高める施策に積極的なASPといえるでしょう。

掲載費用は、成果報酬手数料の他に初期費用と月額費用がかかります。

初期費用 50,000円(税抜)
月額費用 40,000円(税抜)

 

 

5.Zucks Affiliate(ザックスアフィリエイト)

Zucks Affiliate(ザックスアフィリエイト)

株式会社Zucksが運営する「Zucks Affiliate(ザックスアフィリエイト)」は、アプリ系の広告案件数が日本でトップクラスのASPです。
アプリ系の商材のアフィリエイトを行うなら登録必須のASPといえます。

Zucks Affiliateの特徴は、登録時点でアフィリエイターに担当者がつくことです。
通常はある程度の成果がなければ担当者はつきませんが、Zucks Affiliateは登録を完了すると担当者のメールアドレスが記載されたメールが届きます。
疑問点や質問をすぐに確認できる環境はアフィリエイターにはとても嬉しいでしょう。

また、広告主側としても、さまざまなアフィリエイターの悩みや課題を知るZucks Affiliateで広告を出稿することで、情報収集につながる可能性があります。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

6.afb(アフィb)

afb(アフィb)

株式会社フォーイットが運営する「afb(アフィb)」も主要なASPの1つです。

afbは医療系のクリニックやエステなどのジャンルで強みを持ちます。

上記以外にもさまざまなジャンルで強みを持ちますので、アフィリエイト広告を行う際にはヒアリングをかけるようにしましょう。

さらに、アフィリエイト広告の成果計測を行う際に利用するCookieの保持期間が他のASPよりも長い特徴があります。

一般的には60日程度に設定するASPが多いですが、afbでは90日のため、その分成果発生につながりやすく、アフィリエイター側のモチベーションは高くなります。

さらに、アフィリエイターに対するサポートが手厚く、各種セミナーやノウハウの公開も定期的に実施しています。

アフィリエイト・マーケティング協会の調べによると、4年連続で利用者満足度率No.1に選ばれるなど、広告主・アフィリエイターともにステップアップを目指せるASPです。

掲載費用は、成果報酬手数料の他に初期費用と月額費用がかかります。

初期費用 50,000円(税抜
月額費用 40,000円(税抜)

 

 

7.JANet(ジャネット)

JANet(ジャネット)

株式会社アドウェイズが運営する「JANet(ジャネット)」は、金融系に強いASPです。
金融系に強い分、アフィリエイターに対する審査が厳しい傾向にあるものの、アフィリエイターへの報酬が高めに設定されているようです。

最近ではVODや電子書籍などのジャンルにも力を入れていますので、該当するジャンルの広告主は掲載を検討するといいでしょう。

掲載費用は、成果報酬手数料の他に初期費用と月額費用がかかります。

初期費用 50,000円(税抜)
月額費用 40,000円(税抜)

 

 

8.presco(プレスコ)

presco

株式会社セグメントが運営する「presco(プレスコ)」は、2012年9月にスタートした後発のASPです。
しかし、人材関連のジャンルに強く、prescoにしかない独占案件も存在します。

prescoの強みは「人材系に強い」「報酬単価が高い」の2点です。
案件数の半数以上が転職系で占めており、専門職に関する案件数では他のASPを圧倒しています。

具体的には「医療系」「介護系」「薬剤師」「保育系」といった人材ジャンルに属する広告主にはprescoをおすすめします。

また、シンプルで使いやすい管理画面もprescoの特徴です。
これまでASPの管理画面を触った経験のある方であれば、操作に困る事はないでしょう。

掲載費用は成果報酬手数料のみですので、リスクの少ないASPといえるでしょう。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

9. LINKSHARE(リンクシェア)

LINKSHARE(リンクシェア)

リンクシェア・ジャパン株式会社が運営する「LINKSHARE(リンクシェア)」は、楽天グループが運営するASPです。
楽天グループである強みを活かし、大手の広告主が多い傾向にあります。

もちろん、リンクシェアでは楽天アフィリエイトが登録されています。
本家の楽天アフィリエイトでは、3,000円未満の報酬について楽天キャッシュで支払われます。

しかし、リンクシェアでは楽天アフィリエイトの報酬を現金で支払われます。
現金で受け取れるのはアフィリエイターにとって大きな魅力となるでしょう。

また、多くのASPでは報酬額が一定金額を超えなければ報酬が翌月に繰り越されますが、リンクシェアでは最低1円から報酬が支払われます。

一方、リンクシェアであれば振り込み手数料も無料で1円から振り込まれます。

リンクシェアは基本的に独占契約ですので、複数のアフィリエイトASPを同時に開設することはできません。この点は大きなデメリットですので、導入の際には慎重に検討をする必要があります。

掲載費用は非公開ですので、事前にしっかり確認しましょう。

初期費用 非公開
月額費用 非公開

 

 

10.Link-A(リンクエー)

Link-A(リンクエー)

株式会社リンクエッジが運営する「Link-A(リンクエー)」は、費用対効果の高いASPとして評判です。
その理由は、高報酬額や高報酬率の案件が他のASPと比べて多いためです。

Link-Aの特徴は「報酬単価UPリクエストフォーム」があること。
他のASPと比べて報酬単価が低い案件をLink-A内で見つけた場合、報酬単価UPをアフィリエイター側から申請できます。

Link-Aが得意なジャンルとしては漫画アプリや不動産等があげられます。

さらに、Link-Aはトップアフィリエイターを講師とした勉強会を開くなど、アフィリエイター育成にも積極的です。

掲載費用は成果報酬手数料のみですので、リスクの少ないASPといえるでしょう。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

情報商材型アフィリエイトASP 2選

情報商材型アフィリエイトASP

ここからはジャンル特化型のASPを取り上げていきます。

情報商材型アフィリエイトASPとして次の2つを紹介します。

ちなみに、情報商材とはインターネットを介して売買される情報やノウハウのことをいい、情報自体が商品となります。
ここでは、情報商材型アフィリエイトASPの詳しい特徴を見ていきましょう。

1.infotop(インフォトップ)

infotop(インフォトップ)

株式会社ファーストペンギンが運営する「infotop(インフォトップ)」は、情報商材型アフィリエイトの最大手の1つです。
アフィリエイトで販売される情報商材のほとんどがインフォトップ経由であるといっても過言ではありません。

その多くはハウツー系の商品であり、投資や副業、趣味、スポーツなどジャンルはさまざまです。
スキルアップや悩みの解決に関する情報を訴求したい広告主には必見といえます。

また、報酬額の高さもインフォトップの特徴です。
中には販売代金の85%という報酬を設定する商品もあります。

さらに、継続的な成果を得られる商品も存在します。
ユーザーが月額課金する限り、半永久的にアフィリエイター側に報酬が支払われる商品もあります。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

2.infocart(インフォカート)

infocart(インフォカート)

インフォカート株式会社が運営する「infocart(インフォカート)」は、インフォトップ同様に電子書籍などの情報商材に特化したASPです。

インフォカートの特徴は「2ティア制度」です。

「2ティア制度」はポイントサイトで導入されることの多い制度で、「子」が獲得したポイントの一部が「親」にも入る仕組みです。

例えば、Aさんの紹介でBさんがインフォカートに登録したとしましょう。Bさんがアフィリエイトで報酬を得ると、2ティア制度によってAさんにも報酬が支払われるようになるのです。

また、前述したインフォトップと同じく、月額課金型の商品を販売すると、アフィリエイターに継続的に収益が入る設定も可能です。

インフォカートにはモチベーションの高いアフィリエイターが多く在籍する可能性があります。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

アプリ系に強いASP3選

apri_asp3

アプリ系に強いASPとして次の3つを紹介します。

スマホアプリのインストールを目的としたアフィリエイトは、通常のアフィリエイトとは成果計測の方法や掲載先が異なりますので、アプリに強いASPを選ぶことが大切です。

1.Zucks Affiliate(ザックスアフィリエイト)

Zucks Affiliate(ザックスアフィリエイト)

「Zucks Affiliate(ザックスアフィリエイト)」は、アプリ系の広告案件数が日本でトップクラスのASPです。
アプリ系の商材のアフィリエイトを行うなら登録必須のASPといえます。

Zucks Affiliateの特徴は、登録時点でアフィリエイターに担当者がつくことです。
通常はある程度の成果がなければ担当者はつきませんが、Zucks Affiliateは登録を完了すると担当者のメールアドレスが記載されたメールが届きます。
疑問点や質問をすぐに確認できる環境はアフィリエイターにはとても嬉しいでしょう。

また、広告主側としても、さまざまなアフィリエイターの悩みや課題を知るZucks Affiliateで広告を出稿することで、情報収集につながる可能性があります。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

2.seed app(シードアップ)

seed app(シードアップ)

株式会社ファンコミュニケーションズが運営する「seed app(シードアップ)」は、クローズドのスマホアプリ専用ASPです。
案件数は非公開であるものの、相当数の案件があるとされています。

seedAppの特徴として報酬を段階ごとに分けられることがあげられます。
アプリの初回起動時や課金時といった段階にあわせて報酬額を決めるこで、費用対効果の向上を目指せるのです。

また、iPhoneかAndroidでリンクを分ける必要がない点もseed appの特徴です。
リンクをタップしたスマホの情報を識別しAppStoreかGooglePlayに自動で誘導してくれます。

自社の広告がiPhoneとAndroidいずれにも訴求したい場合は、アフィリエイター側の不安が少ないseed appをおすすめします。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

3.Smart-C(スマート・シー)

Smart- C(スマート・シー)

株式会社アドウェイズが運営する「Smart- C(スマート・シー)」は、Zucks Affiliateに並ぶ国内最大級のアプリ型ASPの1つです。

2001年から運営する老舗のASPならではの特徴が多くあります。

なかでも「ローテーション広告機能」は大きな特徴といえます。

ローテーション広告機能とは、1つの広告枠でページを更新するたびに異なる広告をランダムに表示させる機能のことです。

ページを更新するたびに広告の内容が変わるため、ユーザーを飽きさせることなく広告を表示できる仕組みになっています。
これは広告主側からも見逃せない特徴といえるでしょう。

さらに、期限切れ表示機能もあります。
期限切れの広告がクリックされた際、広告名や管理サイト名が管理画面上に表示されます。

リンク切れによっていつの間にか広告が表示されなくなることを未然に防止できます。

初期費用 50,000円(税抜)
月額費用 40,000円(税抜)

 

 

その他のASP8選

その他のASP

これまでに紹介した主要のASPやアプリ系に強いASP以外にも、企業の広告担当者として知っておきたいASPが存在します。
次の8個を紹介します。

いずれも特筆した特徴を持つASPです。
商材や広告の目的にあわせて上手く使い分けましょう。

1.TCSアフィリエイト

TCSアフィリエイト

東京コンシューマーシステムが運営する「TCSアフィリエイト」は、金融・投資関連を得意とするASPです。
FXや株式を始め、仮想通貨やバイナリーオプション、クレジットカードなど、さまざまな広告を扱っています。

TCSアフィリエイトの特徴は、高額報酬案件の豊富さです。
金融系はもちろんのこと、就職やキャリアアップなどの人材系でも1件あたり数万円超える案件がいくつも存在します。

金融関連の広告を出稿するのでしたら、TCSアフィリエイトの実施を検討してみることをおすすめします。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

2.MoBee(モビー)

MoBee(モビー)

株式会社エムエムラボが運営する「MoBee(モビー)」は電子書籍やアプリなどの電子商材系に強いASPです。

また、モバイル専用であったMobeeを強化し、パソコン版のMobee2もリリースされています。

さらに、アフィリエイター一人ひとりに担当者が割り当てられている点も広告主側から見れば安心材料の1つといえるでしょう。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

3.TGアフィリエイト

TGアフィリエイト

リンクシェア・ジャパン株式会社と株式会社トラフィックゲートの合併によって生まれたのは「TGアフィリエイト」です。合併以前のトラフィックゲートのネットワークを引き継いでいます。
運営母体が楽天グループであることから、楽天に関連した商品や案件が多くなっています。

TGアフィリエイトは、会員登録や金融系に関する案件が豊富な特徴があります。
また、一つずつの案件単価も高く、アフィリエイター側は少ない成約数でも大きな報酬を狙える可能性が高いといえます。

初期費用 50,000円(税別)
月額費用 40,000円(税別)
保証金 200,000円(非課税)
*設定サイト度に費用が掛かりますが、退会時に精算されます。

 

 

4.BannerBridge(バナーブリッジ)

BannerBridge(バナーブリッジ)

テレコムクレジット株式会社が運営する「BannerBridge(バナーブリッジ)」は、運営実績10年以上を超えるASPです。
情報商材やマッチングサービスなどの案件が多く、中には上場企業の案件もあります。
また「出会い系」「アダルト系」の案件も多く存在します。

他のASPではあまり取り扱いのないジャンルなので、広告の内容次第では利用をおすすめします。

BannerBridgeの特徴は「非承認時の理由がわかる」ことです。
何らかの理由で案件が非承認となった際、その理由を説明するシステムがあります。

これによりアフィリエイター側は、次回の掲載時に改善すべき点を把握しやすくなります。

アダルト系、出会い系の広告案件を実施できるアフィリエイトASPは少ない為、そのような広告を担当しているマーケティング担当者にはおすすめのASPです。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

5.AFRo(アフロ)

AFRo(アフロ)

インフォニア株式会社が運営するAFRo(アフロ)は、王道の美容系や健康食品以外にも、ポイントサイトなどの無料系の案件が多いASPです。
以前はCross-A(クロス・エー)というサービス名でしたが、2011年に現在のAFRoに変更されました。

AFRoは自社でチャンスイットやGetMoney!といったポイントサイトを運営していますので、ポイントサイトを使った施策に定評があります。

また、管理画面の使いやすさには定評があり、シンプルな設計となっています。

初期費用 50,000円(税別)※都度相談可
月額費用 35,000円(税別)※都度相談可

 

 

6.e-click(イークリック)

e-click(イークリック)

e-click株式会社が運営する「e-click(イークリック)」は、スタッフが本当に良いと感じた案件しか扱わないこだわりようで、アフィリエイター側と広告主側のいずれにも優しいASPの1つです。

e-clickの特徴は、不定期開催のプレゼントキャンペーンでアフィリエイター側にモニター商品を提供することです。
商品提供を受ける条件はレビューを書くだけと簡単なこともアフィリエイター受けがいいポイントといえます。

初期費用 なし
月額費用 なし
*保証金が30,000円(解約時に全額返金)

 

 

7.FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

米国法人のFC2, Inc.が運営する「FC2アフィリエイト」は、FC2サービスを唯一取り扱うASPです。
FC2サービスにはブログや動画、ブログランキングなどさまざまなものが存在します。

FC2アフィリエイトの特徴は、アダルト系に関する広告を扱える点です。
アダルト広告を扱うASPは少なく、自社の商材がジャンル的にマッチする場合はFC2アフィリエイトでの出稿が欠かせません。

ただし、FC2アフィリエイトでアフィリエイターがアダルト系の広告を扱う場合は、同社サービスの「FC2ブログ」の利用が推奨されています。
アフィリエイター側にとっては、媒体が限定されるので嫌がる方もいるでしょう。このような点には注意が必要です。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

8.アドボンバー

アドボンバー

株式会社アドボンバーが運営する「アドボンバー」は、2015年にサービスした新しいASPの1つです。
報酬受取までの早さはASP業界内でも最速クラスを誇り、申請から最短で2営業日で登録口座に報酬が振り込まれます。

アドボンバーの特徴は、自己アフィリエイトによる報酬が高い点です。
自己アフィリエイトは、通常のアフィリエイトと比べて継続率や引き上げ率が悪くなる傾向があるため注意が必要です。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

クローズドASPの特徴

クローズドASPの特徴

ここからは、クローズドASPの特徴について見ていきましょう。

クローズドASPは、一定の条件を満たさないと登録ができないASPです。

独自のネットワークで展開するクローズドASPは、誰でも登録することができるわけではなく、ASP側から声のかかったアフィリエイトサイトのみ登録が許可されます。

加えて、厳しい審査基準を設けているため、広告主としては高品質なサイトだけに広告を掲載できるメリットがあります。

広告主側から見たクローズドASPを利用するメリットは「不正行為による無駄なコスト削減」と「ブランドイメージの毀損防止」です。

広くアフィリエイトを実施するのではなく、小規模でもしっかりとしたアフィリエイトサイトのみに掲載を行いたいのでしたら、クローズドASPからアフィリエイトを開始するのも一つの手です。

1.Link-A(リンクエー)

Link-A(リンクエー)

「絶対に押さえたいASP 9選」の章でも紹介した「Link-A(リンクエー)」は、クローズドASPの中でも費用対効果の高いASPです。
その理由は、高報酬額や高報酬率の案件が他のASPと比べて多いためです。

Link-Aの特徴は「報酬単価UPリクエストフォーム」があること。
他のASPと比べて報酬単価が低い案件をLink-A内で見つけた場合、報酬単価UPをアフィリエイター側から申請できます。

Link-Aが得意なジャンルとしては漫画アプリや不動産等があげられます。

さらに、Link-Aはトップアフィリエイターを講師とした勉強会を開くなど、アフィリエイター育成にも積極的です。

掲載費用は成果報酬手数料のみですので、リスクの少ないASPといえるでしょう。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

2.Medi Partner(メディパートナー)

Medi Partner(メディパートナー)

株式会社オプティマイザーが運営する「Medi Partner(メディパートナー)」は、厳しい審査基準を設けるクローズドASPの1つです。
コンプレックスや婚活といった悩みに対するプログラムが多数存在します。

また、Medi Partner独自の強みは、Medi Partner自体がいくつもの比較サイトを運営している点です。
その比較サイトからの成果も期待できる点はMedi Partnerならではの特徴といえます。

さらに、厳しい審査基準を設けるクローズドASPだからこその安心感も広告主にとって大きなポイントの1つです。
報酬を不当に得るために違反行為を行うアフィリエイターが存在するのも事実です。
しかし、クローズドASPは一定基準にクリアした質の良いアフィリエイターしか在籍できず、ブランド毀損などのリスクを下げられます。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

3.Felmat(フェルマ)

Felmat(フェルマ)

株式会社ロンバードが運営する「felmat(フェルマ)」は、招待制のASPです。
アフィリエイターがfelmatに登録するには、既存の登録者からの招待か、felmatの担当者への声掛けが必要です。
そのため、おのずとアフィリエイターの質も高まりやすいといえます。

felmatは、化粧品や健康食品等の美容系に強いASPです。

昨今では、アドアフィリエイトと呼ばれる高単価、全承認、記事LP作成前提の案件でないと美容系の成果発生が難しくなりつつありますが、felmatは、美容系でも成果を期待できるASPです。

掲載費用は、下記の通りとなりますが、条件次第では無料になることもありますので、一度確認してみることをおすすめします。

初期費用 5万円(税抜)
月額費用 5万円(税抜)

 

 

4.RENTRACKS(レントラックス)

RENTRACKS(レントラックス)

株式会社レントラックスが運営する「RENTRACKS(レントラックス)」は、一定の条件を満たさないと登録ができないASPです。
登録のハードルが高い分、高品質の広告主が多い傾向にあります。

レントラックスの特徴は一般的なASPに比べて高単価な案件が多い点です。
また、成果発生の条件は資料請求やお問い合わせなど、低く設定されてます。

さらに、レントラックスが得意とするジャンルが豊富な点も特徴の1つです。
「キャッシング」「カードローン」「引越し」「保険」などのジャンルに該当する広告主はレントラックスをおすすめします。

登録に条件があるレントラックスならではの高品質な訴求が期待できるでしょう。

掲載費用は、成果報酬手数料のみとなっていますので、リスクの少ないASPと言えるでしょう。

初期費用 なし
月額費用 なし

 

 

ECモール型アフィリエイト3選

企業のマーケティング担当者が出稿できないASPではあるものの、3つのECモール型アフィリエイトについても紹介します。

広い意味では、いずれもASPの一部です。
知見を広げるためにも、その特徴について理解しておきましょう。

1.Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイト

世界最大級のECプラットフォームを持つAmazonが運営するのが「Amazonアソシエイト」。

ブログなどでAmazonの商品を紹介する広告を埋め込み、そのリンクからユーザーが商品を購入すると報酬が発生します。

Amazonアソシエイトの特徴はなんといっても、その商品の豊富さにあります。
1億以上の商品ラインナップがあるAmazonでは、食品や日用品以外にも動画や書籍など幅広いジャンルを扱えます。

Amazonアソシエイトは、他のASPと比べてユーザーにも受け入れやすいアフィリエイトといえるでしょう。

 

 

2.楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイト

楽天グループが運営する「楽天アフィリエイト」は、楽天会員であれば面倒な手続きは不要ですぐにアフィリエイトを開始できます。
楽天アフィリエイトはその名の通り、利用者が「5,000万人」を超える楽天市場内の商品やサービスの紹介が可能です。

楽天アフィリエイトの特徴は、圧倒的な取り扱い商品の数だけでなく、別の商品が売れた場合でも報酬が入る点です。
たとえば、サイトで紹介するAという商品を見た後に、比較商品のBという商品を楽天市場内で購入したとします。

このような場合も成果の対象となるのです。

ただし、独自ドメインの自社サイトからは広告出稿ができず、楽天市場に店舗を構える必要があります。

また、通常のASPのように、広告主毎にアフィリエイターと提携するのではなく、楽天市場とアフィリエイターが提携をしており、アフィリエイターの方にリンクを貼ってもらうのを待つ方式です。

楽天出店店舗は、特別成果報酬単価(特単)を設定することもできますが、通常のASP経由での特単ほどの効果は見込めないことが多いです。

楽天等のモールを強化するか自社サイトを強化するかの戦略によっても楽天アフィリエイトに対する取り組みは変わってきますので、しっかりと戦略立案を行いましょう。

 

 

3.iTunesアフィリエイト

iTunesアフィリエイト

iPhoneやiPadなどでおなじみのAppleが運営する「iTunesアフィリエイト」は、世界レベルで大きな需要があるASPの1つです。
その仕組みは、Appleが提供するコンテンツをリンクさせることで、コンテンツに応じた報酬を受け取れます。

iTunesアフィリエイトの特徴は、Appleユーザーであれば一度は利用したことがあるiTunesを経由することです。
あまり聞き慣れないショッピングモールやECサイトから商品やサービスを購入するよりも、購入時の心理的ハードルは下がりやすいでしょう。

 

(まとめ)広告担当者が知っておくべきASPとの向き合い方

ここまで主要のASPをはじめ、独自の特徴を持つASPについて紹介してきました。
ASPを選定する際には、自社の商品・サービスと相性がいいかを必ず確認しましょう。

どのASPが自社に合っているかわからない場合には、アフィリエイト広告を専門とする代理店に相談してみるのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アフィリエイト広告をプロにお任せしたい方へ

アフィリエイト広告におけるITP対応、アフィリエイト承認管理、新規アフィリエイト開拓、掲載済みアフィリエイトサイト強化等、総合的にサポートをいたします。

シードでは、アフィリエイト運用代行、アフィリエイトコンサルティングを行なっております

  • アフィリエイト広告を始めたいが何から手を付けていいかわからない
  • 忙しくてアフィリエイト広告の運用に時間がかけられない
  • アフィリエイト広告に多くの時間がかかっているので外部委託したい
  • アフィリエイト広告のことがよくわからないので丸投げしたい
  • アフィリエイト広告の売上が横ばいなのを伸ばしていきたい
  • 自社のアフィリエイト広告の現状分析をしてほしい

アフィリエイト専門のコンサルタントが貴社の現状分析、改善案を提案します!

これからアフィリエイトを始めたい方、手間を省きたい方、
売り上げを上げたい方、お気軽にご相談ください。

トップに戻る
お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから