SEOキーワードの選定方法やポイントとは?役立つ11個のツールを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

公開日:2022.05.16 / 最終更新日:2023.01.17


SEOで成果を出すためには、適切なキーワード選定が重要です。

今回は、SEOに必要不可欠なキーワードの選定方法やポイントをご紹介します。また、キーワード選定に役立つツールも併せてご紹介しますので、ぜひお役立てください。

目次

SEOとは

SEOは「Search Engine Optimization」の略称で、「検索エンジン最適化」を意味します。

検索エンジンがWebページの内容を正しく理解して、評価されるよう最適化することで、Google・Yahoo!といった検索エンジンでキーワード検索が行われた際に、自社のWebサイトが検索結果の上位に表示されるようになります。

主なSEOの施策は、以下の6つがあります。

▼SEOの施策

  • コンテンツSEO:ニーズに合致したコンテンツ作成・キーワードの最適化
  • インデックスの最適化:HTMLタグやT&Dの最適化・構造化マークアップ活用
  • クローラビリティの最適化:サイトマップ作成・内部リンク最適化・URL正規化
  • UX(ユーザー体験)の向上:UIの最適化・レスポンシブデザイン
  • 外部施策:WebサイトのPRや情報拡散・ソーシャルボタン設置
  • その他施策:過去記事のリライト・Webサイト運営者の信頼性向上

今回紹介するSEOキーワードの施策については、コンテンツSEOに分類されます。

SEOキーワードとは

SEOキーワードとは

SEOキーワードとは、ユーザーが検索エンジン(Google、Yahoo!等)で情報を検索する際に、検索スペースに入力するキーワードです。

たとえば、東京の渋谷で美容院を探しているユーザーがいた場合、「渋谷 美容院」「渋谷 美容院 おすすめ」などのキーワードで検索をかけると考えられます。

このように、自社の商品・サービスなどにニーズを持つユーザーの検索意図を想定してSEOキーワードを設定することで、膨大な数のWebサイトから自社を見つけてもらうことが可能です。

反対に、ユーザーの検索意図から外れたキーワードを設定すると、良質なコンテンツであっても検索上位には表示されず、自社Webサイトへの集客につながりません。どのような検索意図を持つユーザーが対象なのかを考慮して、適切なキーワード選定を行いましょう。

キーワード選定の必要性

なぜSEOキーワードの選定が必要なのでしょうか。主な目的は、自社のターゲットとなるユーザーに、自社のWebサイト・コンテンツを見つけてもらうためです。

検索結果の順位は、検索エンジンがあらゆる要素を解析したうえで決定されます。具体的には、以下のような内容が挙げられます。

▼検索順位を決める要因

  • ユーザーの検索意図とコンテンツの内容が合致しているか
  • ユーザーが欲しい情報・有益な情報が充実しているか

これらは一部ですが、検索したユーザーが知りたい情報を満たしているWebサイトは、検索結果で上位表示される仕組みとなっています。自社のWebサイトを検索結果の上位にするには、ユーザーが検索するワードを予測して、キーワードを正しく選定することが必要です。

SEOキーワードを選定する5つのポイント

SEOキーワードを選定する5つのポイント

SEOキーワードを選定するときのポイントは、以下の5つです。

①Webサイトの目的を明確にする

SEOキーワードを選定する前に、自社Webサイトの目的・テーマを明確にすることが重要です。たとえば、以下のようなケースがあります。

  • 自社のWebサイトに訪れたユーザーを問い合わせや来店につなげたい
  • 自社のコンテンツを継続的に読んでもらい、ファン化につなげたい

Webサイトの目的やテーマを事前に決めることで、どのようなユーザー層を獲得したいか、方針が明確になります。また、ユーザー需要がないコンテンツも把握できるため、不要なキーワード設定によるミスマッチも防止できます。

②Webサイトのターゲットやペルソナを設定する

Webサイトのターゲットやペルソナを設定する
自社のWebサイト・コンテンツが誰に向けたものなのか、ターゲットとペルソナを設定することがポイントです。

自社の商品・サービスがどのようなユーザー層にニーズがあるのかを把握することで、よりニーズに合致したSEOキーワードを選定できるようになります。

ターゲットとは

ターゲットとは、年齢・性別・居住地といった属性グループに分類したユーザー層です。

ユーザー層を設定することで、自社がアプローチする市場を明確にでき、ターゲットに刺さるキーワードを選定できるようになります。

ペルソナとは

ペルソナとは、名前や家族構成、趣味、悩みなどで構成した、ターゲットよりも明確な人物像です。ペルソナを詳細に設定することにより、ターゲットの具体的なニーズや行動を予測できるようになります。

これにより、ユーザーがどのような悩み・問題を持ち、どのようなキーワードで検索するかを導き出しやすくなります。ペルソナを設定する際は、それぞれの悩みに焦点を当てて考えることが重要です。

③キーワードの検索ボリュームについて理解する

検索ボリュームとは、ユーザーが対象キーワードを検索した回数のことを指します。月間の検索数を基準とすることが一般的です。

この検索ボリュームを理解することで、「対象のキーワードにどれほど人気があるか」といった競合性を把握できます。

検索ボリュームの大きさによって、3つのキーワードに分類されています。

▼キーワードの種類

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • スモールキーワード

SEOキーワードを選定するときには、これらのキーワードの特徴について理解しておくことが欠かせません。

ビッグキーワードとは

ビッグキーワードとは、検索ボリュームが10,000以上あるキーワードです。

毎日多くのユーザーに検索されているキーワードのため、検索結果の上位に表示されれば膨大な集客数を獲得できる可能性があります。

ただし、ビッグキーワードには競合するWebサイトが多いことから、検索結果の上位を獲得することは容易ではありません。また、キーワードの特性上、ターゲット層が広範囲に渡るため、検索するユーザーのニーズも多様化しやすくなります。集客に至ったものの、自社のWebサイトがニーズと合致せず、離脱される可能性があります。

ミドルキーワードとは

ミドルキーワードとは、検索ボリュームが1,000~10,000のキーワードです。

ビッグキーワードよりも月間の検索回数は少ないですが、一定の検索ニーズがあるため、検索結果の上位に表示されればアクセス数の増加が期待できます。

キーワードの競合性はそれほど高くなく、ターゲットについても、ある程度は範囲を絞れるため、ビッグキーワードと比較すると成果を得やすくなっています。

スモールキーワードとは

スモールキーワードとは、検索ボリュームが1,000未満のキーワードです。複数の単語を組み合わせたものや、ニッチな単語が多いため「ロングテールキーワード」「ニッチキーワード」と呼ばれることもあります。

ビッグ・ミドルキーワードと比べて競合性が低いため、検索結果で上位を狙いやすくなっています。また、ユーザーのニーズ・検索意図が限定的なため、検索結果上位に表示されれば問い合わせ・購入といったコンバージョンにつながる可能性も高くなります。

キーワードの検索ボリュームを調べる方法

キーワードの検索ボリュームは、ツールを用いて調べることが可能です。ツールには無料・有料があるため、自社に合ったツールを選びましょう。

④ユーザーが検索に使用する言葉を想定する

ユーザーが検索に使用する言葉を想定する

キーワードには、正しい意味や形の単語ではなく、対象ユーザーが実際に使用している単語・文言を設定することが重要です。辞書に掲載された正しい言葉・文章であっても、ターゲットが使用しないキーワードであれば検索結果に表示されにくくなります。

キーワードに設定したい単語・文章が、想定するターゲットが使用する単語・文章と合致しているか、事前に調査・確認しておくことが重要です。

⑤キーワード・テーマは1ページあたり1つに絞る

複数のキーワードをWebページのタイトル・コンテンツに盛り込んだとしても、検索結果で上位を獲得できるわけではありません。

テーマやカテゴリーの異なるキーワードを複数盛り込むと、Webページの内容に一貫性が無くなり、検索エンジンに評価されにくくなってしまいます。

検索エンジンに適切に評価してもらうには、1つのWebページに盛り込むキーワードを1つに絞ることが重要です。また、キーワードに対する共起語や関連語を含むことで、Webページに一貫性が生まれる、情報が充実するため、検索上位に表示されやすくなります。

SEOキーワードの選定方法を5つのステップで解説

SEOキーワードの選定方法を5つのステップで解説

ここからは、実際にSEOキーワードを選定する方法について解説します。

ステップ1:メインのキーワードを決定する

キーワードの選定で最初に行うことは、自社のWebサイトにとって軸となるメインキーワードの設定です。

メインキーワードには、自社のWebサイトにもっとも関連性が高く、重要な語句を設定する必要があります。このとき、ユーザーのニーズ・検索意図が限定的にならないよう、検索ボリュームの大きいビッグキーワードを設定することがポイントです。

ステップ2:メインキーワードから派生させる

SEOで検索上位を狙うには、ひとつのキーワードよりも複数のキーワードを組み合わせるほうが有効とされています。メインのキーワードが決定したら、そこから派生するキーワードを洗い出しましょう。

メインキーワードを「木の幹」として、そこを軸にして枝葉のように検索意図が分化しているイメージで考えてみてください。メインキーワードに対して、さまざまな切り口・視点のコンテンツを用意することにより、Webサイト全体の評価を盤石化できます。また、派生キーワードを設定することでドメインパワーが強くなり、ページごとの上位表示がしやすくなります。

派生キーワードは、少ない候補から決めるのではなく、できるだけ多く候補を出して決めることがポイントです。以下のような情報を取り入れて、多角的な視点から派生キーワードを考えましょう。

  • サジェストキーワード

検索キーワードに対して、検索エンジンが自動で提案するキーワード。

  • 関連キーワード

軸となるキーワードに関連する語句。検索結果の最下部に表示される。

  • 流入キーワード

自然検索で実際に使用されているキーワード。サイトを解析して割り出す。

  • 口コミ・SNS

ユーザーのニーズやリアルな悩みを知ることができる。

ステップ3:キーワードをニーズに基づいて分類する

メインキーワードと派生キーワードを洗い出したら、そのキーワードが持つニーズに基づいて分類(グルーピング)します。

対象キーワードを検索すると予測できるユーザー属性をはじめ、ニーズに起因するユーザーの悩み・課題などを考慮して分類することがポイントです。

グルーピング作業が終了したら、成果につながる可能性が高いニーズを見極めて、キーワード選定を行います。最初のうちは、成果重視のキーワードで集客の安定を目指して、将来的には全てのニーズが満たせるようなWebサイトを目指しましょう。

ステップ4:キーワードの検索ボリューム・競合サイトを確認する

キーワードの検索ボリューム・競合サイトを確認する

検索ボリュームは、大きすぎると検索上位の獲得が難しく、小さすぎると検索上位でも成果を得にくい傾向にあります。そのため、それぞれのキーワードが持つ特徴を検索ボリュームも含めて考慮して、上位表示の可能性があるキーワードを選定することがポイントです。

また、検索結果で上位に表示されるためには、他サイトよりも優れたコンテンツであることが重要です。上位にある競合サイトの内容を調査して、どのようなニーズに対して、どのような答えが提供されているかを把握しましょう。

その他にも、競合サイトに足りない情報を調査して、自社のWebサイトで補い差別化を図ることも重要です。

ステップ5:キーワードを決定する

最後は、自社Webサイトの既存コンテンツとの関連性、将来的なWebサイトの規模拡大を視野に入れてキーワードを決定します。ここで頭に入れておきたいことは「キーワードの選定は一度きりではない」ことです。

一度のキーワードを選定で終えてしまうと「対象ユーザーのニーズに合致していない」「狙い通りにならず成果が伸びない」といったことになりかねません。そのため、キーワードは定期的に見直して、常に最適なものへと更新する必要があります。

キーワード選定に役立つ11個のツール

SEOキーワードの選定は、さまざまなツールを活用すると効率的です。ここからは、SEOキーワード選定に役立つ無料・有料のツールを11個ピックアップしました。

無料のキーワード選定ツール6個

キーワード選定に役立つ無料のツールを6個紹介します。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、検索ボリュームの調査に役立つツールです。

「新しいキーワードを見つける」「検索ボリュームと予測のデータを確認する」といった機能があり、検索ボリュームやキーワード候補、他サイトとの競合性を調査できます。

ただし、Google広告を運用していない場合、検索ボリュームが大まかな数値でしか表示されないほか、機能の利用制限も発生します。Google広告は数十円からの少額での運用も可能なため、機能を最大限に利用したい方は、広告運用も視野に入れましょう。

Googleトレンド

Googleトレンド

Googleトレンドは、メインキーワードの選定に役立つツールです。

キーワードの検索数や、検索急上昇キーワード(トレンドキーワード)を調査できます。情報更新が頻繁に行われているため、最新情報の入手も可能です。

過去から現在までの検索数・トレンドの推移を見ることができますが、検索数の具体的な数値はGoogleトレンドでは分かりません。そのため、他ツールとの併用がおすすめです。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、検索ボリュームの調査に役立つツールです。

自社のWebサイトに流入するユーザーが「何のキーワードによって」「どのような順位で」アクセスしているかを調査できます。また、Webサイトのクリック率や被リンク状況といった調査も可能です。

ただし、自作自演の被リンクや他社コンテンツのコピーなどをしているWebサイトの場合、Googleサーチコンソールを利用することで低評価につながる可能性があります。健全にWebサイト運営を行っていれば問題ありません。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、関連キーワード・サジェストキーワードの選定に役立つツールです。

Googleサジェストだけでなく、BingサジェストやGoogle動画サジェストなどの情報を一括で取得できるため、サジェストキーワード・関連キーワードの数をさらに増やすことが可能です。ただし、無料ID登録をしていないユーザーは、1日20回までの利用制限があります。

aramakijake(アラマキジャケ)

aramakijake(アラマキジャケ)

aramakijakeは、検索ボリュームの調査に役立つツールです。

「検索数予測ツール」「競合検索数予測ツール」といった機能があり、GoogleとYahoo!の検索ボリュームについて、詳細な数値を確認できます。

ただし、検索数が数十回のスモールキーワードについては、データの取得ができません。また、キーワードによっては精度が低いため、厳密な調査結果が欲しい場合には他ツールとの併用をおすすめします。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggestは、検索ボリュームの調査に役立つツールで、無料版・有料版があります。

検索キーワードについて、検索ボリュームや難易度、CPC(平均クリック単価)目安などについて分析が可能です。

Google広告の運用をしていなくても詳細な数値を把握できますが、無料版には回数・機能制限があります。無料版を利用する際は、他ツールとの併用がおすすめです。

有料のキーワード選定ツール5個

キーワード選定をより網羅的に行うならば、有料ツールの利用がおすすめです。ここからは、5つの有料ツールについて紹介します。

tami-co(タミコ)

tami-coは、コンテンツSEOの新規記事やリライトに役立つツールです。

tami-coのタイトル作成補助機能や見出し作成補助機能を使用すればツール上で、狙っているキーワードで検索上位を獲得するためのタイトルや見出しが作成が可能です。

月額の料金プランは、以下の通りです。

  • ライト(分析100回):28,500円
  • 通常(分析300回):54,000円
  • ビジネス(分析600回):78,000円
  • プレミアム(分析1,000回):100,000円

無料トライアルも行っていますので、まずはトライアルで使用感を試してみることをおすすめします。

 

 

Keywordmap(キーワードマップ)

keywordmap

Keywordmapは、あらゆる課題の解決に役立つツールです。競合分析や広告調査、コンテンツ作成まで、検索流入最適化に役立つ機能を50以上備えています。

検索ボリュームの調査や各キーワードの選定など、SEOキーワードを選定するための機能も一通り備わっています。また、表示形式もマインドマップのため、瞬時に情報を判別できるといった利点もあります。

7日間の無料トライアルがあり、機能を体験してから実際に導入できます。ただし、料金は個々の状況に合わせたプラン提供となるため、別途問い合わせが必要です。

Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefsは、SEO分析において、特に被リンク分析・競合調査で役立つツールです。

14兆を超える膨大なリンクデータを保有しており、データベースは現在も増え続けています。

また、24時間毎に約40億のWebページを分析し、15分毎にデータ更新が行われるため、最新情報の素早い入手が可能です。その他にもキーワード難易度や上位コンテンツ分析のツールがあり、さまざまな切り口でキーワードを分析できます。

月額の料金プランは、以下の通りです。

  • ライト:$99
  • スタンダード:$179
  • アドバンスド:$399
  • エージェンシー:$999

価格が全てドル換算のため、日本円換算価格が変動する可能性もあります。また、ツール画面は日本語ローカライズされていますが、一部英語の箇所もありますので、英語が苦手な方には少々不向きです。

KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)

KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)

KEYWORD FINDERは、メインキーワード・関連キーワードの自動収集や、検索順位の自動チェックができるツールです。

ユーザーのニーズを可視化できるキーワードマップの自動生成が可能で、月間検索数・SEO難易度も併せて確認できます。

月額の料金プランは、以下の通りです。

  • スタンダード:50,000円
  • プロフェッショナル:100,000円
  • エンタープライズ:200,000円

他のツールと比較してコストが高めのため、無料デモ体験から始めることがおすすめです。

SEMRush(セムラッシュ)

SEMRush(セムラッシュ)

SEMRushは、デジタルマーケティングのさまざまな領域で役立つ、オールインワン競合分析ツールです。

キーワード選定に関するものは勿論、SEO全般で役立つ機能が搭載されており、このツールのみでSEOの施策を幅広く網羅できます。

月額の料金プランは、以下の通りです。

  • Pro:$119.95
  • Guru:$229.95
  • Business:$449.95

価格が全てドル換算のため、日本円換算価格が変動する可能性があります。また、オールインワンツールの弱みとして、機能によっては他ツールより少々劣る面もあります。気になる方は、無料版から始めることをおすすめします。

SEOキーワードの選定でアクセス向上へ

SEOキーワードの選定は、GoogleやYahoo!などの検索結果で上位表示させるために重要な施策のひとつです。

キーワードを選定する際は、自社Webサイトの目的やターゲットを明確化するとともに、ペルソナの設定、検索ボリュームの把握などがポイントです。ユーザーのニーズや検索意図に合ったキーワード選定で、上位表示を狙い、アクセス向上へとつなげましょう。

また、SEOキーワードの選定にはツールの活用が有効です。検索ボリュームや関連語の把握だけでなく、競合分析や被リンク分析などの機能が備わったツールもあります。用途や予算に応じて適切なツールを選んでみてください。

株式会社シードでは、キーワード選定も含め、SEOのコンサルティングを行っています。「キーワードの選定が正しくできているか不安」「SEOの成果が上がらない」といった悩みをお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アフィリエイト広告をプロにお任せしたい方へ

アフィリエイト広告におけるITP対応、アフィリエイト承認管理、新規アフィリエイト開拓、掲載済みアフィリエイトサイト強化等、総合的にサポートをいたします。

シードでは、アフィリエイト運用代行、アフィリエイトコンサルティングを行なっております

  • アフィリエイト広告を始めたいが何から手を付けていいかわからない
  • 忙しくてアフィリエイト広告の運用に時間がかけられない
  • アフィリエイト広告に多くの時間がかかっているので外部委託したい
  • アフィリエイト広告のことがよくわからないので丸投げしたい
  • アフィリエイト広告の売上が横ばいなのを伸ばしていきたい
  • 自社のアフィリエイト広告の現状分析をしてほしい

アフィリエイト専門のコンサルタントが貴社の現状分析、改善案を提案します!

これからアフィリエイトを始めたい方、手間を省きたい方、
売り上げを上げたい方、お気軽にご相談ください。

トップに戻る
お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから